府中の方と共に歩んで24年 皆様の“笑顔”を守る赤石歯科医院
診療時間

▲土曜午後は18:00まで
★休診日/木曜・日曜・祝日
完全予約制

■アクセスマップ

大きな地図で見る

【所在地】
東京都府中市緑町1-23-10
京王線府中駅より
甲州街道を新宿方面へ徒歩7分
マクドナルドの北側

ご予約・お問い合わせはこちら 042-369-4618 診療時間8時〜20時(休診日:木曜日) 初めて受診される方は保険証をお持ちください。
院長ブログ

ドクターBlog

2014-06-07

歯周病が様々な病気の原因になるのを知っていますか?

1534023003.gif

実は口の中の細菌は、からだ全体にいきわたるんです!歯周病は細菌が引き起こす歯ぐきの病気。その細菌の数は1 ミリグラム(1 グラムの1000 分の1)のプラークの中に10 億以上いるといわれています。この細菌はお口の中だけでなく、血管、気管などを経由して身体全体に影響を及ぼします。

① 心疾患の原因になる。歯周病になると、歯ぐきが炎症を起こし、ただれた状態になります。ここから口の中の細菌が入り込み、血流にのって心臓まで運ばれ、心臓の病気を引き起こします。特に、細菌性心内膜炎はほとんどがお口の細菌であるといわれています。また、動脈硬化を進行させることもわかってきています。

② 糖尿病が進行する。糖尿病になると歯周病になりやすいことは、以前よりわかっていましたが、最近の研究により、反対に、歯周病になると糖尿病が進行しやすくなるという結果も出ています。糖尿病にかかっている方は、歯周病にも十分な注意が必要です。

③ 早産・低体重児出産の原因になる。歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが高くなると言われています。これは歯周病により歯ぐきが炎症を起こし、この「炎症物質」の中に子宮の収縮を促す物質が含まれているからだと考えられています。また、反対に妊娠すると歯周病が進行しやすいことも分かっています。妊娠中の方は歯周病への注意が必要です。

④ 肺炎の原因になる。お年寄りの多くが「誤嚥性肺炎」という病気で命をなくされています。これは口の中の細菌が気管から肺へと入ることが原因です。食事の際に誤って気管に入ってしまうケースばかりでなく、知らないうちに、だ液などが少しずつ肺へと入り肺炎を引き起こします。歯周病になると口の中の細菌が増えるため、こうした肺炎のリスクがとても高くなります。

身体の定期検診と同様に歯の定期検診も非常に大切なんですよ。重度に進行してしまった歯周病では、歯周病菌をなくして、増殖するのを防ぐということは難しいです。何年も歯石を取っていない方、歯が揺れてきてしまったと言う方はさらに注意が必要です。歯周病について不安な方は、お気軽に当院までご相談くださいね(*^_^*)。