府中の方と共に歩んで24年 皆様の“笑顔”を守る赤石歯科医院
診療時間

▲土曜午後は18:00まで
★休診日/木曜・日曜・祝日
完全予約制

■アクセスマップ

大きな地図で見る

【所在地】
東京都府中市緑町1-23-10
京王線府中駅より
甲州街道を新宿方面へ徒歩7分
マクドナルドの北側

ご予約・お問い合わせはこちら 042-369-4618 診療時間8時〜20時(休診日:木曜日) 初めて受診される方は保険証をお持ちください。
院長ブログ

ドクターBlog

2014-05-17

実は、むし歯は治療した箇所こそ注意が必要!~二次むし歯の原因~

治療したからといって安心は禁物!

むし歯になってしまった場合、「つめもの」などを製作して歯を元の形にします。しかし、むし歯は治療をしたからといって「もう安心!」というわけではありません。実は、むし歯は治療した箇所こそ注意が必要!!なぜなら、「つめもの」をしたところは、様々な理由により再びむし歯になってしまうリスクが大変高いのです。こうしてできてしまうむし歯を「二次むし歯」といいます。

二次むし歯になる原因は...( ゚Д゚)

・一度むし歯になったということは、そもそも磨きにくいところなので注意!

一度治療したということは、その部分はもともとむし歯になりやすいところなんです!!例えば、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)がたまりやすかったり、あるいはブラッシングしにくい部分であることが多く、再度むし歯になってしまう可能性が高くなります。

・「つめもの」は形がとても複雑!

歯はとても複雑な形をしています。もちろん、つめものを製作する際には、できる限りぴったりと隙間が少なくなるように制作します。しかし、つめものは複雑な形状になりやすいため、完全に隙間をなくすことは非常に困難。さらに、長年の使用によるすり減りなどによって、少しずつ段差や隙間ができてしまいます。こうした隙間にむし歯菌が入り込むことにより、二次むし歯となってしまうのです。

・接着剤は少しずつ溶けていく!!

つめものは、特殊な接着剤でしっかり接着されています。この接着剤はそれ自体が隙間を埋める効果も持っていますが、お口の中で長年使用していると、どうしても接着剤が少しずつ溶けてしまいます。そこで隙間ができ、歯垢(プラーク)がたまって二次むし歯になってしまいます。

 今日も久々の患者さんが、つめものがとれて来院しました(~o~)。キャラメルを食べてて取れたそうです(笑)。接着剤は長年経つとどんどん溶けていって、つめものが取れやすくなるんです~実はこのようなケースはよくあるんですよ!接着剤は年々その品質が向上されてますが、さすがにまだキャラメルやガムには勝てませんな(/ω\)。

 当院は6月4日(むし歯予防デー)から一週間、期間限定でむし歯のチェックを無料で行う予定です(^^♪ お気軽に予約のお電話くださいね!