命を脅かす食物アレルギーのお話

アメリカで11歳の女の子が歯磨きをして亡くなるという大変ショッキングな出来事がありました。
何故? デコメ絵文字歯磨きでマリンカラー(!?) デコメ絵文字

この歯磨き剤は歯科医師から処方されたもので、
カルシウムやリンなど豊富なミネラルを含み、虫歯の始まりを抑制する
CPP-ACPという成分が含まれていました。

あれドット(?) デコメ絵文字このCPP-ACP・・・ デコメ絵文字どこかで何か見たことがあるような・・・ デコメ絵文字・・・? デコメ絵文字
と思われた方もいらっしゃるでしょう。
実は、リカルデントというガムに同じ成分が入っています。

CPP-ACP牛乳由来の成分で、歯から溶けだしたリン酸カルシウムを取りし、
溶けにくい歯質にする手助けとなります。
健康な方であればとても有効ということで、
このガムは特定保健用食品にも指定されているほどですピンクのくま(うんうん) デコメ絵文字

実は、今回亡くなられた女の子には乳アレルギーがありました。
普段食べるものにはご家族も気を使われていたようですが、
まさか歯磨き剤まで、しかも処方されたものという安心感もあったのでしょうか涙 デコメ絵文字

日本で歯科専売品として売られているCCP-ACP配合の歯磨き剤には、
パッケージにも商品本体にもしっかり赤字で注意喚起の文字が表示されています。
歯科専売品とは言っても、今ではインターネットで海外製品でも手軽に購入できてしまうので、こうしたケースも踏まえて
乳アレルギーをお持ちの方は、食べ物以外にも十分に注意が必要ですね注意 デコメ絵文字

当医院では、CCP-ACP配合の歯磨き剤は使用しておりません。
また、患者様には問診票にてアレルギーの有無の確認をお願いしておりますノートと鉛筆でメモ デコメ絵文字
ご安心して受診なさってください病院 デコメ絵文字

10年後の自分のためにできること

皆さんは、10年後のご自分のために、何かしていることはありますかドット(?) デコメ絵文字
運動をして体力をつける、脳への刺激として指先を動かすことをする、
サプリメントやパックでお肌に栄養を与える・・・ デコメ絵文字
どれも大切できっと将来のご自分のために役立つことと思います。

私は10年後の自分のために、
どんなに疲れていても眠くても、
夜の口腔ケアを念入りにするようにしています。

どうしても朝や昼は忙しく時間を確保することが難しいのですが、
『夜だけは』と決めて、以下の動きを一通りやっています。

まずは普通の歯ブラシを使って歯磨き。表面の広い部分や奥歯の噛み合わせの部分を中心に、
汚れを除去する力の強い歯磨き剤をつけて磨きます。

次に全ての歯と歯の間にデンタルフロスを掛け、
歯ブラシでは届かない歯と歯の間や歯周ポケットのプラーク(ネバネバ汚れ)
をこそぎ落とします。

更にプロキシブラシで全部の歯と歯の間や歯と歯茎の境目をブラッシングします。
おおきな歯ブラシで磨こうとすると傷をつけてしまうような細部でも、
しっかりと汚れを擦り落とすことができます。

シリコン製の舌ブラシで舌の表面を撫でて汚れを取り除きます。
普通の歯ブラシで舌を擦ると傷になりますので、舌に優しい素材が良いですね。

最後に水気を拭き取った歯ブラシに高濃度フッ素配合の歯磨き剤をつけ、
全体をザっと磨いて吐き出し、ごく少量の水でブクブクうがいをして終了です。
この工程を省いてしまうと、歯の表面のツルツル具合がまるで違います。
歯の艶加減を見ても、ちゃんとコーティングされていることを実感します。
うがいの水は少なくして、歯の表面にフッ素を留めましょう。

こうして書き出すとなかなかの作業なように思えますが、
本当に大変であれば、毎日続けることはできません。
慣れれば5、6分で一通りできるようになります。

歯周病や虫歯は歯を失う原因になりますが、ほかの病気と違って、
日々の歯磨き習慣で防ぐことができるのです

皆さんも是非、10年後やその先のご自分のために、
念入りな口腔ケアを始めてみてはいかがですかキラキラ(?) デコメ絵文字

グラスファイバーを使った入れ歯の補強方法「SESファイバーシステム」のご紹介

今までは、入れ歯の強度を強める方法として、以下の2つがありました。

①金属床義歯
入れ歯を新しく作る段階で、金属製のプレートを元に全体的に補強された金属床義歯で作る
②補強線を入れる
金属床でない通常の入れ歯のピンク色の部分に、後から部分的に細い棒状の金属(補強線)を埋め込む

今回新しく、金属を使用しない画期的な入れ歯の補強方法が登場しました。
例えるならば、日本古来の漆喰の壁の漆喰を塗る前段階で内部に竹などで編んだ竹木舞下地(たけこまいしたじ)や、
窓ガラスの中に入っている金属線のような構造です。

これは「SESファイバーシステム」と呼ばれる加工方法で、
グラスファイバー製のため入れ歯のピンクの部分の材料と接着し、
金属色でないため審美的にも優れています。

これまでは補強線という細い金属の金属の補強を後から入れて修理することが普通でしたが、
接着剤を使用しても補強した金属に沿ってさらに破折することもありました。
この「SESファイバーシステム」で使用するグラスファイバー製の補強材は細かいメッシュ状で入れ歯の表面を覆うことで、
入れ歯のピンクの部分の材料ともピッタリ接着するので、
補強したところからさらに割れたり折れたりする心配がありません。

更に、金属アレルギーをお持ちの方、金属アレルギーではないが何か舌がピリピリする、変な味を感じる方には
SESファイバーシステム」はとても適していると言えるでしょう。

デメリットとしては、義歯自体の仕上がりが厚くなるので、装着時に多少違和感が増す可能性があります。

部分義歯ならばすでに使用されている入れ歯を修理加工することが可能ですが、
総入れ歯のような場合は、入れ歯自体を新しく作り直すことをことをお勧めします。

価格は以下の通りです。
詳細につきましては、医院のウェブサイト>入れ歯>SESファイバー義歯をご覧ください。

http://www.akaishi-dc.com/ireba/

SESファイバーシステム入り義歯新製   費用 \135,000 (税込み\145,800)
SESファイバーシステム入り義歯預かり修理 費用 \90,000 (税込み\97,200)

一部分補強の場合、即日修理 ¥25,000 (税込み\27,000)

パンダの歯には自己修復機能が!

東方新報によると、中国科学院金属研究所、材料疲労・断裂実験室の劉増乾(Liu Zengqian)博士の研究チームはこのほど
パンダの歯に自己修復の機能が備わっていることを初めて発見したそうですゆるキャラ(キョロキョロ…発見!!) デコメ絵文字

ジャイアントパンダは、かつては肉食動物だったと言われ、長い進化の歴史を経て「菜食主義者」となりました。
その大きくて鋭く、頑丈な歯は竹を粉々にしてしまうほど。
この研究結果は、新しいバイオミメティクス(生物模倣)材料の開発などの研究に新たな進展を促すことでしょう。

人間の歯は親知らずを含めて全部で32本ですが、パンダの歯は生えそろうと42本もあります。
また、パンダの奥歯は人間の奥歯の7倍もの大きさがあり、扁平で幅の広いかたちをしているため、
頑丈な歯と強力なあごによって、硬い竹でも砕きながら食べることができるのです。(画像はカラパイアより)

http://karapaia.com/archives/52045273.html

「パンダ 竹 イラ...」の画像検索結果

自己修復を可能にしているのは、主に歯の高密度なエナメル質に豊富に含まれるミネラルの隙間と、巧妙な組織構造のためだそう。
 劉博士によると、パンダの歯のミネラル質は例えるならば樹木のように垂直で、
緊密に並んだ「木々」がエナメル質の「堅固な森林」を形成し、
ミネラル質でできた「木々」の間にある細かい隙間を有機物質が埋めている状態なのだとか木 デコメ絵文字木 デコメ絵文字木 デコメ絵文字
ミクロレベルでみると、エナメル質の変形や損傷、自動修復機能はこの小さな隙間の中で実現されていると説明するとのことです。

 研究チームは、パンダの歯に対する主な種類や形式、組織構造など特徴も解明しており、
今後はさらに性能面でのメカニズムの解明や、バイオミメティクス材料を精製するための計画を立てていくと言います。
 
 パンダは、1972年のニクソン、田中角栄の電撃訪問がきっかけで、いわゆる「パンダ外交」という、
世界中から孤立していた中国が、パンダという希少動物をネタにして、
何とか世界に振り向いてもらおうとする外交政策だったのです。
 当初、パンダは友好の証しとして世界各国に無償譲渡されていました

ところが、1981年に中国がワシントン条約に加盟したことを契機に無償譲渡は終わっってしまい、
現在はビジネスとして、世界中の動物園に共同研究や繁殖などを目的として有料で貸し出されています。
報道などにある通り、パンダのレンタル価格は2頭で年に約1億円と大変高額になっています。
また、中国以外の国で誕生した赤ちゃんパンダも、この協定により「満24カ月」で中国側に返還することになっているのです。
このように、パンダは日本が勝手にできない動物なので、日本で歯の研究などとてもさせてもらえないわけです。

人間の歯のごく表面が酸に侵されるとエナメル質の再石灰化が起こることは、知られていますが、
エナメル質には細胞が存在しないので再生することはありません。
一方でサメの歯は、抜けても次々に変わりが生えることは比較的知られていますね。 
一部のトカゲなどの生物は、体の一部分を失っても、見事に復元する能力を備えていますトカゲ デコメ絵文字
このような再生機能のある生き物は5種類ほどらしいです。
残念ながら私たち人間は、この分野では到底かなわず、せいぜい肝臓に再生能力が備わっている程度になります。

他の生き物で、歯も自動修復機能を持つものは心当たりがありません。
あくまでも中国の研究なので、日本は詳細を入手できにくいでしょうが、
日本国内の硬いものを主食とする他の動物からでも、同様の自動修復機能が発見されれば、
人間に応用できる人工材料の開発もあるかもしれません・・・。 デコメ絵文字

口腔がん検診のお話

口腔がんは、内臓に比べ多くの病変は直接目で見ることができるので発見しやすいのですが、
口内炎や他の病気との判別は、専門的に口腔がんを見ている先生でなければ難しいと感じますうーん デコメ絵文字
海老名総合病院 歯科口腔外科部長 石井良昌先生のお話では、、
海老名市歯科医師会では、積極的に口腔がん検診事業を行っているそうです。

ここで、口腔がん検診の種類について説明しましょう。

検査方法は①視診・触診②病理検査③画像診断の3つです。

①視診・触診
 視診では、粘膜が白い赤味を帯びている潰瘍の有無はどうか、
 触診では、指で触れてしこりや盛り上がりの有無はどうかを調べます。
 さらに、口腔内に特殊な光を照射して、病変組織がないか確認します。
 また、首のリンパ節へ転移の可能性があるため、頸部の触診も行います。  
②病理検査
●細胞診                                   がんが疑われる部位の表面組織を綿棒でこすり取り、顕微鏡でがん細胞                   であるかどうかを調べ、がん細胞の種類、悪性度などの判定を行います。
●組織診(生検)
      より診断を確実にするために、麻酔をして異常な部位を小さく切り取り、病理検査を行います

③画像診断
●超音波検査(エコー検査)
   頸部リンパ節の大きさや内部の状態、リンパ節への転移がないかを検査します。

●X線撮影
   口腔がんが骨に浸潤していないか転移がないかを調べます。  
●CT検査
   腫瘍の位置や大きさの確認、どのような治療法がよいか判断します      ●MRI検査
   骨や歯以外の軟組織の状態を細かく診断します

●アイソトープ検査
   骨に口腔がんが転移していないかを調べます

①視診・触診の触診以外に関しては、
一般の歯科医院に通いながらにして、口腔がんの専門医の診断が受けられる
一般社団法人口腔がん撲滅委員会が行っているプロジェクトで、

オーラルナビシステムというものがありますので、ここで簡単にご紹介します。

こちらは、オーラルナビシステムを導入している一般の歯科医院にて
蛍光観察装置とういものを用いて患部を特殊な方法で撮影し、専用ホームページから口腔内写真と問診内容を送るだけになります。

すると、原則24時間以内に専門医から所見・処置のアドバイスを受けられる
という大変便利なシステムです。

更に、東京歯科大学などと連携しているため、とても正確な診断であるということです。

オーラルナビシステムについては、現在は種々の問題から当医院のような一診療所が導入するのは難しく、
歯科医師会などに限られると思いますが、数年後には一般的に普及させる計画があるようです。
日本の技術で、今後導入費用が低くなれば当医院のようなところでも実施できるようになることでしょう。
現状よりもより早い診断で適切な処置ができ、状態が重くならないうちに患者様のお役に立てることを期待しますカラフルキラキラ デコメ絵文字

こうした便利なシステムを使って口腔がん検診を受け、異常なしだったからといって油断は禁物で、違和感が続いたり、口内炎が治らない状態が続く場合には改めて口腔外科を受診することをお勧めします。
「異常なし」と診断されても少しでもご自身で「おかしいな」と感じたら、
別の専門医などの意見を聞く、いわゆるセカンドオピニオンを受けましょう病院 デコメ絵文字

お口の点検、定期検診を受けましょう

先日、タレントの堀ちえみさんが舌がんであることを公表され、
いつも元気なイメージの方が、ステージ4ということで
驚かれた方もかなり多かったことでしょう。
手術は12時間ほどの大掛かりなものになりそうとのこと
無事終わって復帰されることを願うばかりですね心配 デコメ絵文字

舌がんは、口腔に発生するがんの60%ほどというデータがあります。
堀ちえみさんは、昨年夏ごろ自覚症状が出始め、
当初口内炎ではないかとの診断で治療を受けたのち、
今年になって別の病院でステージ4と診断されたそうです。
当時はリウマチの治療薬を服用されていたため、
そのお薬の副作用の疑いもあったことで診断が長引いたこともあるようです・・・ デコメ絵文字

昨年当医院のスタッフが舌下の右側に腫れもあるが痛みが顕著だったので、
念のため鶴見歯科大学口腔外科専門外来の中川洋一先生の元に私も一緒に行き受診しました。
幸い口内炎の悪化したもので大事には至らないもので安心しました。

「口内炎 イラス...」の画像検索結果

数日経過しても痛みがひどければ専門を受診することが必要です。
舌がんも口内炎も、痛みやしこりの有無だけでは簡単に区別はできにくいものです。
最終的には細胞診検でなければ決定できませんから、
一般の歯科医院ではなく大きな病院の主に口腔外科というところでの診断が必要です。

当医院では、このようなケースを含め、
精査が必要と思われる患者様や、
麻酔が必用な処置や抜歯をするにあたり血圧や血糖値の数値が正常範囲内でないなど
治療に際して少しでも危険度のある患者様などは
多摩総合医療センターなどの総合病院内の口腔外科への紹介状をお渡しし、、
できるだけ早く受診していただけるようお勧めしています病院 デコメ絵文字
患者様にはご足労をおかけしますが、病状へのご不安を少しでも減らし
最善の治療ができるよう早めの判断をさせていただいています

舌がんに限らず、がんの原因としては飲酒や喫煙が大きな要素です。
その他として口腔内の清掃状態不適切な治療部分も要注意です。

口腔内のがんの早期発見には、3か月くらいで定期検診を受けていただき、
歯周病や虫歯の予防だけでなく、舌や口腔内の粘膜なども
異常がないか確認することが重要になります。
口内炎が2週間たっても治らない場合、専門の病院を受診されることをお考え下さい。

ご存知ですか?オーラルフレイル

今日はオーラルフレイルについてのお話です

フレイルは英語のfrailty=虚弱・衰弱を意味します

つまりオーラルフレイルとは口腔機能の衰えのこと歯 デコメ絵文字

食べ物を噛む・飲み込む・言葉を発するというのが口の主な役割です

ここで、虫歯を放っておいて歯が欠けてしまったり、

歯を失ったままにしておくなど、うまく噛めない状態を放っておく

どうなってしまうか想像してみましょう・・・ デコメ絵文字

「歯が痛い イラ...」の画像検索結果

私たちにとって食べることとは日頃の楽しみの一つであり、

身体にとって必要な栄養を摂る行為でもあります

でも、うまく噛めない・食事をする度に歯や歯肉が痛い

となってしまったら? デコメ絵文字

もちろん食事が楽しいはずがありませんね悲しい デコメ絵文字

そのうち栄養不足から体力が落ちていき、

日常のちょっとしたことでも疲れてしまうでしょうニコちゃん(疲れた) デコメ絵文字

すぐ疲れちゃうし外出なんて面倒くさいと家にこもりがちになり、

益々足腰の筋肉が弱ってくるし、

身体を動かさないから前よりもお腹が空かなくて食事の量が減ってくる落書き風ごはん デコメ絵文字↓ デコメ絵文字

大げさなようですが、お口が弱って(オーラルフレイルで)食事ができないということが

全身が弱って日常的な活動ができなくなることに繋がるのです

また、食事でむせやすくなったり、お口が乾きやすいというのも

オーラルフレイルの兆候ですので注意が必要です注意 デコメ絵文字

口の中を健康に保ち、80歳までに20本の歯を残そう歯 デコメ絵文字という

『』 デコメ絵文字8020運動『』 デコメ絵文字を耳にされたことがおありですかドット(?) デコメ絵文字

実際に多くの歯を残している人ほど寿命が長く、生活機能が高いことが分かっています。

今ある歯を長く使うためには正しい歯磨きや入れ歯の洗浄など日頃のケアが欠かせません! デコメ絵文字

最近、院長が健口(けんこう)管理士という新たな資格を取得しましたキラキラ デコメ絵文字

皆さん、風邪をひいたときや体調が悪いとき

かかりつけの病院に通われていると思います病院 デコメ絵文字

かかりつけ医にかかればご自身の体調の傾向や今までの病歴

薬の効き方なども考慮した上で一番ご自分に合った治療をしてくれますよねピンクのくま(うんうん) デコメ絵文字

これは歯科にとっても全く同じことが言えます

歯科のかかりつけ健口管理士へお任せください吹き出し/オマカセ デコメ絵文字

オーラルフレイルに関する本の貸出しもしております本 デコメ絵文字

 

内科医も勧めるインフル予防法

今年に入ってから物凄い勢いで流行し始めたインフルエンザ風邪 デコメ絵文字

筆者の子供が通う小学校でも、連日のように学級閉鎖の連絡が来ていますモノクロ(汗) デコメ絵文字

今シーズンは当初ワクチンの数が足りなかったこともあり、ワクチンを接種していない方も多いようで心配ですね注射器 デコメ絵文字

皆さまもインフルエンザにならないために、

部屋の加湿をする、睡眠をたっぷりとる、マスクをするなど様々な工夫をされていることでしょう・・・ デコメ絵文字

「インフルエンザ」の画像検索結果

ちょっと意外かもしれませんが、歯磨きがとてもインフルエンザ予防に効果的であることをご存知ですか?! デコメ絵文字

TVでお馴染みの内科医の先生は、1日に5回の歯磨きと、デンタルフロス・歯間ブラシをされているとのことびっくり デコメ絵文字

理由は、お口の中のバイ菌が出すたんぱく質がインフルエンザウィルスが増殖するエサとなるからだそうです☆なるほど☆ デコメ絵文字

実はお口のバイ菌は、インフルエンザウィルスの他にも、

近年脳卒中や認知症などの病気を招くとの研究結果が認められているのです

お口の健康が身体の健康につながる訳ですねナルホド デコメ絵文字

日頃からしっかりとお口のケアが大切です

当医院では、ゆっくり丁寧に分かりやすくを心がけて、

患者様が正しく歯を磨いていただくためのお手伝いをさせていただいています歯磨きする歯 デコメ絵文字

ご来院お待ちしておりますペコリ デコメ絵文字

 

 

 

 

年末年始休診のお知らせ

年内の診療は12月28日(金)AMのみ

新年は1月5日(土)より診療いたしますペコリ デコメ絵文字

 

年末にお口の中も大掃除をされてはいがでしょうかドット(?) デコメ絵文字

新しい年はキレイな歯で迎えましょうキラキラ デコメ絵文字

土曜日と、平日の午前中の診察をご希望の方は

お早目のご予約をお勧めします音符 デコメ絵文字