歯が原因でない歯の痛みとは?!

今をときめくプロゴルファーの渋野日向子さんが、プレイの成績不振の原因として『歯が痛くて食いしばれなかった』と取材に答えていました。

渋野さんは38度以上の高熱と奥歯の痛みを訴えており、当初は原因不明とされていましたが、
その後急性副鼻腔炎が原因であることが分かりました。
上の歯の神経と、副鼻腔は意外と近接しており、
副鼻腔に炎症が起きることで『歯が痛い』と感じるのです

「歯が痛い イラ...」の画像検索結果

当医院にも、同じように奥歯が痛いという症状の患者様がたまにいらっしゃいます。
調べてみても歯や歯肉に特に全く問題はなく、
日頃の体調の傾向や、気になる全身状態の症状を伺うと、
歯科ではなく耳鼻科の領域由来の原因であることがあります。

また、花粉症や軽い風邪などでも、鼻水が喉の方にに垂れてきて(後鼻漏)
喉が炎症を起こし、口の中の粘膜に影響が出ることもあります。

ゴルフに限らず、他のスポーツでも、正しく『食いしばる』ことができないと
本来の力を発揮することはできません。
そのために歯列を矯正することや、スポーツ用のマウスピースを装着することも有効です。

歯の役割は、美味しいたべものをただ食べるだけではないということですね
大人の歯は親知らずをカウントせずに上下左右7本ずつで合計28本です。
80歳までに20本の歯を残せるよう、日頃のお手入れと定期的なプロメンテナンスを受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です