え?酒気帯び運転なんてしてませんけど?!

昨日ネットニュースで配信されていたトピックです。

静岡県の男性が、2度に渡り呼気検査でアルコールが検出され、

飲酒運転をしたとされ、道路交通法違反として罪に問われました。

アルコールの検出濃度は、

呼気1リットル中約0・15mgと0・3mgでした。

男性は2回のうちどちらも、前日には飲酒はしていたものの、

当日には飲酒はしておらず、裁判で無罪を主張し続けました。

なぜお酒を飲んでいないのにアルコールが検出されてしまったのでしょうねこ(?) デコメ絵文字

実はこの男性、上顎が総義歯で、下顎にも部分義歯を使用していて、

入れ歯安定剤を常用しており、

入れ歯からはみ出た部分は指で拭う程度だったとのことです。

アルコールチェッカーを製造販売している複数のメーカーの製品注意書きを見ても、

入れ歯安定剤を使用していると呼気検査でアルコールが検出されることがある旨の記載がありました。

他にもキムチや味噌だれなどの食品を食べた後や、

栄養ドリンクを飲んだ後、

うがい薬や洗口液を使用した後には

同じように呼気検査でアルコールが検出されることがあるそうです。

男性は一審判決で有罪とされましたが、

高裁判決にて無事に無罪が確定しました白ねこ(拍手) デコメ絵文字

今入れ歯安定剤のパッケージや添付文書を見ても

特にアルコールに関する注意書きは見当たらないないので、

今後メーカーさんの対応が求められることでしょう。

ネットの記事はコチラで詳細をご覧くださいドット↓ デコメ絵文字

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00050001-yom-soci

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です