府中の方と共に歩んで24年 皆様の“笑顔”を守る赤石歯科医院
診療時間

▲土曜午後は18:00まで
★休診日/木曜・日曜・祝日
完全予約制

■アクセスマップ

大きな地図で見る

【所在地】
東京都府中市緑町1-23-10
京王線府中駅より
甲州街道を新宿方面へ徒歩7分
マクドナルドの北側

ご予約・お問い合わせはこちら 042-369-4618 診療時間8時〜20時(休診日:木曜日) 初めて受診される方は保険証をお持ちください。
院長ブログ

光機能化インプラント


光機能化インプラント

光機能化インプラントとは

適切な条件の光で処理すること で、インプラントが骨と接着する能力や周囲に骨を形成する能力、いわゆる骨結合能力を飛躍的に高める技術です。


インプラント治療の仕組み

インプラント治療は骨に穴をあけて埋め込みます。
骨に穴をあけてインプラントを埋め込むと周囲に骨が形成されてしっかりします。

ところが骨が十分にできなければインプラントは失敗します。
インプラント周囲に骨が十分にできるかどうかは手術成功か失敗かに大きく関係します。

→詳しくはインプラントページへ


インプラント治療の成否には骨接触率が大きく関わります

これまでインプラントが失敗するかどうかは、使用するインプラントメーカー、そのインプラントの表面形状の違い、術式、術者の熟練度に大きく影響されると考えられてきましたが、実はインプラント体の原料となる「チタン」表面の経時な変化、すなわちチタンエイジングが問題であるということに着目されたのです。

インプラント周囲にどのくらい骨ができているかは、「骨インプラント接触率」でというもので判定します。


骨接触率

通常、いかなるメーカーのインプラント体であっても骨接触率は、55%であり、 光機能化したインプラントでは、骨接触面積約98%を超えるのです。

通常のインプラントは、メーカーがインプラント本体を制作してから、早くても3か月ほど経ってから私たち歯科医の手元に届きます。
したがって、手元に届いた時点では、すでにチタン表面は炭化水素による汚染から骨接触率が約30%も低下しているのです。

ほぼ100%の骨結合を確認。 光機能化テクノロジー

そこで、今回小川先生が開発された光機能化インプラント「セラビーム アフィニー」を使用することで、異なる3波長の紫外線をインプラントに照射することにより、チタン表面を製作された直後(FRESH)の状態にすることが可能となります。
チタン表面を制作された直後とほぼ同等の状態にすることにより、骨接触率をほぼ100%にすることが可能となるのです。
インプラント手術の失敗を防ぐばかりでなく、骨の形成も早やめるため、治療時間も短縮され、骨ができにくい症例でも、インプラント手術が可能になります。

→詳しくは『光機能化バイオマテリアル研究会』のホームページよりご確認ください。


高額な治療費を支払っても失敗に終わるのでは・・・条件が悪くこれまでインプラント治療をあきらめなければならなかった・・・このような心配をお持ちになられていた患者様は是非お気軽にご相談下さい。


メディア掲載情報

日本歯科新聞日本歯科新聞に光機能化が取り上げられました。(小川隆広教授)


その他のメディア掲載については、こちらから御覧ください。