府中の方と共に歩んで24年 皆様の“笑顔”を守る赤石歯科医院
診療時間

▲土曜午後は18:00まで
★休診日/木曜・日曜・祝日
完全予約制

■アクセスマップ

大きな地図で見る

【所在地】
東京都府中市緑町1-23-10
京王線府中駅より
甲州街道を新宿方面へ徒歩7分
マクドナルドの北側

ご予約・お問い合わせはこちら 042-369-4618 診療時間8時〜20時(休診日:木曜日) 初めて受診される方は保険証をお持ちください。
院長ブログ

小児矯正


小児矯正とは

美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。あごの成長が残っている子供のころから矯正歯科を始めると、あごの成長をうまくコントロールすることが可能になり、理想に近い歯並びにできる、抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。またお子様の症例に合せて最適な矯正装置をご提案いたします。

矯正歯科治療を始めるタイミングはお子さんが器具を使えるようになればいつでも可能ですが、あごの成長を治療に利用できる時期の方がより良好な治療結果を期待できます。上下の前歯合計8本が永久歯に生え変わったタイミングで不正があれば、治療開始時期ですから早めに診査、診断をお受けになることをお勧めします。大人になってからの矯正は問題ない歯も抜かなければならない等のリス クも伴いますが、早めに対応すれば苦労も少なく安心です。気になったときが矯正歯科の治療時期と考えていただき、一度検診を受けることをお勧めします。

より理想的な歯並びにできます

いずれ抜歯することがあっても、顎の成長をバランスよく保つ小児矯正では、より良く仕上げることができます。

歯並びがわるくなる歯を減少させます

乳歯を抜歯するタイミングをコントロールすることで、悪い方向に生える原因を減少させて、噛み合わせの良い方向へもっていきます。

顎の曲がりの程度を減らします

顎の成長期において、噛み合わせが悪い状態で放置していると、顎の変形が更に悪化してしまうことがあります。
成長期に噛み合わせの改善をすることで、バランスのとれた偏りの無い噛み合わせになる可能性が十分にあります。

抜歯の可能性が減ります

小児矯正は不必要な抜歯の可能性を減らすことに繋がります。
狭かった顎を広げたり顎の成長をきれいな形に促す事により例えば成長後に矯正治療をすると2〜4本の永久歯抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行っていると、非抜歯での治療がが可能になる確率が高くなるのです。

装置を付ける期間が短くて済みます

子供の頃に歯並びを改善する事で、本格治療が必要になった時でも、治療期間を短くすることができます。

コンプレックスを解消します

歯並びが悪くてコンプレックスになると、子供の頃から笑顔に自信がもてなくなる場合が多いです。早めに目立つ部分の歯並びを改善することでコンプレックスは解消し、健全な精神発達の環境を整えて子供の頃から笑顔に自信が持てるようになります。

小児矯正のよくある質問

歯並び治療を始めるのに理想の時期は?

上下の前歯合計8本が生え揃う頃です。矯正は永久歯が生えそろう前から行ったほうが治療効果は高いため、はじめるなら上下の前歯合計8本が出揃う頃が理想です。
ただし、その時期をすぎても、その状態に合わせた治療目標と治療方法で治療は可能です。
治療開始時期をご自身で判断されるのは、非常に難しいと思います。
ご不明点はお気軽にご相談ください。


小児矯正ではどんな治療をしますか?

あごの成長とともに行う早期治療・第一期治療では、全ての永久歯が生えそろう前にあごの形や噛み合わせ、悪い癖を調整する治療を行います。この時期ではあごの成長をコントロールできるので、あごの大きさや位置のバランスを整え、歯並びを改善します。
全ての永久歯が生えそろった第二期治療では、成人矯正と同様に歯列を動かす治療を行います。第一期治療を行っておけば、第二期治療を効率的に行うことができ、健康な歯を抜歯しなくても済んだり、治療期間を短縮することも期待できます。


食事は普通にできますか?食べてはいけないものはありますか?

普通に食事をしていただいて大丈夫です。また基本的に食べてはいけない物はありません。
ただしガム、キャラメルなど粘着性のあるもの、せんべい、氷など硬いものなど、お子様の好む食事やお菓子によっては、矯正装置に影響を与えることもありますので注意が必要です。
もし装置が壊れたり外れたりしたら、自分で何とかしようとせず、必ず歯科医に診てもらってください。


矯正治療中に痛みはありますか?

装置を装着した直後や通院治療後には、歯を噛み合わせると多少の違和感や痛みが生じることが数日間あります。個人差もありますが、小児期のお子さんは大人に比べて歯が動きやすく骨も柔らかいため、痛みは軽度のことが多く、あまり心配の必要はありません。


矯正治療中の歯磨きはどうすれば良いですか?

当院のスタッフが丁寧にブラッシングを指導いたします。
せっかくキレイな歯並びを手に入れても、むし歯にしては台無しです。正しいブラッシングさえ分かればむし歯のリスクはかなり軽減できます。


治療後に後戻りすることはありますか?

正しい治療計画や処置がなされていないと後戻りをする可能性はあります。
歯並びが整えられると、舌の位置や動きを変えないと元に戻ってしまう原因になりかねません。当院では正しい診断・治療計画・治療後の定期チェックはもちろん、後戻り防止や正しい発音、飲み込みなどの為に舌のトレーニングを指導しています。