府中の方と共に歩んで24年 皆様の“笑顔”を守る赤石歯科医院
診療時間

★休診日/木曜・日曜・祝日
完全予約制

■アクセスマップ

大きな地図で見る

【所在地】
東京都府中市緑町1-23-10
京王線府中駅より
甲州街道を新宿方面へ徒歩7分
マクドナルドの北側

ご予約・お問い合わせはこちら 042-369-4618 診療時間8時〜20時(休診日:木曜日) 初めて受診される方は保険証をお持ちください。
院長ブログ

予防歯科

予防歯科とは

「口から始めるアンチエイジング」の核となるサービスです。歯周病・むし歯に関連する細菌を徹底的にコントロール・リセットするのが予防歯科の領域です。
本格的な治療を行う前提として本来欠かせないものであり、治療を施した歯をよりよい状態で長い間保存するためにも、予防歯科は必要不可欠であり、重要な役割を担います。
ご自身の歯をより健康に美しく保つこと、また本来の歯や歯ぐきの美しさを引き出すこと、これらが予防歯科の本旨です。

「痛くなってから」ではなく、そうならないために

予防歯科の初診料は2,000円です。3ヶ月に一度の診療は保険が利きますので、歯のメンテナンスにかかる費用は年間8,000円となります。
一方、歯1本を治療するのに必要な費用はこの金額では収まりません。インプラント治療(保険適用外)は、歯1本あたり少なくとも30万円はかかり、50万円近くが必要になるケースも少なくありません。言い換えれば、ご自身の歯1本には最低30万円の資産価値があると言えます。全ての歯28本分の資産価値を考えれば、もっとご自身の歯を大切にされた方が良いとは思いませんか?
「痛くなってから」、「悪くなったから」では手遅れです。そうならないためにも、定期的なメンテナンス「予防歯科」を強くお勧めします。

バイオフィルム

ヒトの口の中には、500種類以上の細菌(バクテリア)が生息し、「バイオフィルム」と呼ばれる膜(細菌同士が自己防衛のために集まってきてできるかたまり)を形成しています。基本的には生きた細菌の「集合体」で、一般的には「プラーク」と呼ばれています。
このバイオフィルムをそのまま放置すると、口から全身へと広がり肺疾患や心臓病、糖尿病、早産、脳卒中など、様々な病気を引き起こすことがあります。歯周病は悪化すると歯槽骨の損失につながり、インプラントや歯の損失を引き起こす恐れがあります。
毎日歯磨きをしていても、歯のすみずみまできれいに磨くことは困難で、完全に除去することは出来ません。さらに、体調不良や疲労などで免疫が低下しているとバクテリアが増えやすくなります。当医院では、予防歯科としてプロによる定期的なケアをお勧めします。
バイオフィルムを除去する装置は、器具が歯に触れることもなく、専用のパウダーと水を使って、スピーディーで快適な処置ができます。

エアフロー(Air-Flow)

エアフロー「短時間で快適な歯のクリーニング」
特殊なパウダーと超微細なウォータースプレーを歯に吹き付け、虫歯や歯周病、口臭の元となるバイオフィルムをやさしく取り除きます。
使用後は、歯の表面がつるつるになるため、汚れの再付着も防いでくれます。

当医院で使用しているパウダーは2種類

① こびりついた着色汚れを取るもの
炭酸水素ナトリウムが主成分で、頑固な歯垢、たばこのヤニやコーヒーなどでついたステイン汚れを取る事に適しています。

② バイオフィルムを取るもの
グリシン(アミノ酸)が主成分で、歯の表面の目に見えない汚れや通常のお掃除では届かない歯周ポケットに潜むバクテリアを除去できます。
インプラント部周辺、矯正装置周辺の清掃にも適しています。

予防歯科の流れ

Step1

患者様が現在お口の中に関して、どのようなご不満、ご心配を持たれているか詳しくお聞きします。

Step2

レントゲン撮影、口腔内写真撮影、むし歯及び歯周ポケットの検査を行い、現状を把握し、今後の予防法をご説明いたします。

Step3

患者様に最適なお手入れの方法(ブラッシング指導)をお伝えします。

Step4

歯周ポケットの浅い部分の歯石の除去、SRPを行います。

Step5

初診時の診査結果との比較し、経過がよければ定期メインテナンスとなります。なおポケットの深さが4mm以上の箇所があり、改善が不十分な場合には、再度深い部分の処置を行い、改善されれば定期メインテナンスに以降します。